熊本市南区富合小学校・南区役所近く







              


 当院のらくらく整体院は平成23年6月21日に熊本県熊本市南区富合町新にオープン致しました。

 当院施術の特徴と致しましては、身体の状態・体質(体の癖)・バイオリズムに合わせて施術を行います。

 骨格・脊椎・骨盤を調整し、本来の健康体へと導く療法(自己治癒力の喚起)を行っております。


 
整体療法で身体を敏感(目覚め)にしていくことを主としております。(心身調整)

 
体が敏感になってくると、体の健康を自分で保とうとする働きが高まり、色々な反応が身体に現れます。

 
整体とは体を整えること(姿勢を正すこと)だと思っている方がほとんどだと思いますが、そうではありません。

 その人の感受性・心の癖・思考のかたよりに働きかけていくものなのです。




---


   

 

 

 

 

 

 



 最近は病気ではなく、健康でもない(未病)人達が大変多いように思われます。

 肉体的にも精神的にもストレスを抱え、心身のバランスを崩しているようです。

 健康・美容・長寿に役立つ整体を当院で是非どうぞ!

---


   ●らくらく整体院基本理念

 一、臨床整体師として、社会に貢献いたします。

 一、整体療法にて患者様の自然治癒力を引き出します。

 一、人格・技術の向上に努め、誠心・誠意を尽くします。

                                                                 



 骨格・筋肉・ホルモン等に働きかけ新陳代謝や免疫力を促進することで自然治癒力を引き出すことを目指します

 施術中、及び施術と施術の間に起こる反応・流れにおいて整体(Seitai)は大変心地よいものですが、

 症状によって経穴(ツボ)等を押したときに生じる痛み、違和感等が出る場合はあります。

 基本的に激痛は与えません(激痛はストレスを与え免疫力を著しく低下させます。)


 弛緩反応・過敏反応・排泄反応の症状

 手のひらの自然発汗

 冷感や寒気・下痢

 身体全体の発汗・高熱

 ボ〜ッとした感じがある・だるさと眠さ

 肌の表面変化

 発熱や歯痛・よだれがたくさんでる

 放屁が増える

 尿の変化、排尿が増え臭いがある

 身体の内部の震えを感じる

 大便(五色)の回数が増え、臭うことがある

 鼻・咽腔・気道よりの分泌物の増加(女性では帯下の増量)

 喉・泌尿器の痛み


 以前あった病気が短期間、好転する前に再発することがあります。

 これは良くなる時に起きる
好転反応である場合が多く、一時的なものですから心配はありません。

 別なところが痛み出したりする場合は、一番ひどいところが改善されたために、次にひどいところが

 感じられることから起きます。


 いずれにいたしましても、日常生活の動きはできるというのが特徴です。

 こういった状態は「
変化してきた」ということで施術上は喜ばしいことです。

 ちなみに悪くなる場合は、だんだんと動けなくなっていくのが特徴です。



                                                                 



●平成26年4月1日以降も、今まで通りの施術料金3,000円となります!

 
 

   毎週火曜日は整体出張を行っております。熊本市南区富合町、富合町近郊の方につきましては、
   出張費無料です。
   それ以外の地区につきましては、別途500円いただきます。(お気軽にご相談ください)







 らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101も富合分院と同じ施術料金となります。
 
予約の方が優先となりますので、事前にお電話下さい。




     


  

    ●らくらく整体院(分院) 熊本市南区富合町新365−1 096-358-2235










    らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101
                                                                 

整体通信  9・10月号



秋口の身体について




秋口 神経がだんだん休まらなくなってきます。ですから、背景に目の疲労が抜けなくなるのです。

そうした背景があり、逆流性食道炎 頭の緊張ですが、秋口というのは左の骨盤が閉まってきます。

それが、極端になりますと、神経が休まらないで、逆流性食道炎のような形になるわけです。頚と骨盤 

ですから、頚がピリピリして過敏になるわけですが、頚が休まれば治まるのです。この季節の異常は、

ほとんどが目からくるものです。



だんだん冷えてくると、尿酸が出すぎて、胃酸に化けます。胃酸が分泌し過ぎると、食欲に化けます。

それで、お腹がすきやすくなります。それで、胸椎6番が、右に倒れやすい状態となります。食欲の秋だから

と言って食べすぎれば、食べすぎなんですが。大分、朝晩が涼しくなり、汗も出なくなってきました。

これからの季節は、汁ものが旨い。本当に、乾燥した季節になると、生水なのですが。



人間の身体というのは、季節にそって動いているものです。そうした季節に適応出来ない人が、

その季節に不調を感じ、問題になるのです。ですから、鈍くなればなるほど、季節の適応が遅くなるのです。

そろそろ、秋口にむけて、身体を整えていかなくてはいけないわけですが、秋口 秋口、春先というのは

脳障害が増えます。


夏場というのは、それなりに汗をかいて、血管に弾力がありますので、脳障害で倒れるというのは

少ないのです。それが、秋になりますと、温度差から、汗も出なくなりますし、血管の弾力がなくなって

きますから、脳障害で倒れる人が増えるのです。脳と、頚椎2番 


頚椎2番というのは、脳の血行と関係します。ですから、ここが緊張してきますと、無為運動で、

頭をゆらすような癲癇
(てんかん)などになるのです。緊張しなければ、癲癇などならないものです。

そうした、頚椎2番というのは、体癖的な頭の使い方が、如実にでるものです。


頚椎2番と、こめかみにつながっているような人というのは、これからの時期、注意してみなくてはいけない

のです。こめかみというのは、脳の血行を支配しているのです。通常の頭痛というのは、こめかみの異常です

。緊張が抜けないのです。偏頭痛というのは、弛緩しすぎて起きます。いずれにしても、今後、こめかみと、

頚椎2番が重要になるのです。その元になるのが、腎臓です。右脳でも、左脳でも、背景にあるのが、

左股関節であり、左腎臓が脳の血行に結びついてきます。秋というのは、左側が重要になるのです。

右腎臓というのは、どうやらスペアーのようであると思われます。








h
                Artwork by Rakuraku Seitaiin, Allrights reserved 2011