熊本市南区富合小学校・南区役所近く







              


 当院のらくらく整体院は平成23年6月21日に熊本県熊本市南区富合町新にオープン致しました。

 当院施術の特徴と致しましては、身体の状態・体質(体の癖)・バイオリズムに合わせて施術を行います。

 骨格・脊椎・骨盤を調整し、本来の健康体へと導く療法(自己治癒力の喚起)を行っております。


 
整体療法で身体を敏感(目覚め)にしていくことを主としております。(心身調整)

 
体が敏感になってくると、体の健康を自分で保とうとする働きが高まり、色々な反応が身体に現れます。

 
整体とは体を整えること(姿勢を正すこと)だと思っている方がほとんどだと思いますが、そうではありません。

 その人の感受性・心の癖・思考のかたよりに働きかけていくものなのです。




---


   

 

 

 

 

 

 



 最近は病気ではなく、健康でもない(未病)人達が大変多いように思われます。

 肉体的にも精神的にもストレスを抱え、心身のバランスを崩しているようです。

 健康・美容・長寿に役立つ整体を当院で是非どうぞ!

---


   ●らくらく整体院基本理念

 一、臨床整体師として、社会に貢献いたします。

 一、整体療法にて患者様の自然治癒力を引き出します。

 一、人格・技術の向上に努め、誠心・誠意を尽くします。

                                                                 



 骨格・筋肉・ホルモン等に働きかけ新陳代謝や免疫力を促進することで自然治癒力を引き出すことを目指します

 施術中、及び施術と施術の間に起こる反応・流れにおいて整体(Seitai)は大変心地よいものですが、

 症状によって経穴(ツボ)等を押したときに生じる痛み、違和感等が出る場合はあります。

 基本的に激痛は与えません(激痛はストレスを与え免疫力を著しく低下させます。)


 弛緩反応・過敏反応・排泄反応の症状

 手のひらの自然発汗

 冷感や寒気・下痢

 身体全体の発汗・高熱

 ボ〜ッとした感じがある・だるさと眠さ

 肌の表面変化

 発熱や歯痛・よだれがたくさんでる

 放屁が増える

 尿の変化、排尿が増え臭いがある

 身体の内部の震えを感じる

 大便(五色)の回数が増え、臭うことがある

 鼻・咽腔・気道よりの分泌物の増加(女性では帯下の増量)

 喉・泌尿器の痛み


 以前あった病気が短期間、好転する前に再発することがあります。

 これは良くなる時に起きる
好転反応である場合が多く、一時的なものですから心配はありません。

 別なところが痛み出したりする場合は、一番ひどいところが改善されたために、次にひどいところが

 感じられることから起きます。


 いずれにいたしましても、日常生活の動きはできるというのが特徴です。

 こういった状態は「
変化してきた」ということで施術上は喜ばしいことです。

 ちなみに悪くなる場合は、だんだんと動けなくなっていくのが特徴です。



                                                                 



●平成26年4月1日以降も、今まで通りの施術料金3,000円となります!

 
 

   毎週火曜日は整体出張を行っております。熊本市南区富合町、富合町近郊の方につきましては、
   出張費無料です。
   それ以外の地区につきましては、別途500円いただきます。(お気軽にご相談ください)







 らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101も富合分院と同じ施術料金となります。
 
予約の方が優先となりますので、事前にお電話下さい。




     


  

    ●らくらく整体院(分院) 熊本市南区富合町新365−1 096-358-2235










    らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101
                                                                 

整体通信  11・12月号




コロナ禍について



今年はコロナ禍、人によっては緊張を余儀なくした年だったのではないでしょうか。


ご自身も含め、首が右斜め上を向く身体の方向の方がたくさん増えてきています。


話しを聞いていきますと、今年はコロナ禍という事で思うように出来なかったであるとか、やり残した事

があったであるとか、そうした事をおっしゃる方が多いのですが、


そうした中で首が右斜め上を向き、右目が繋がりますと、「今」というより、先々、


人によっては、二年先、三年先なのです。


つまり二年先、三年先のビジョンを見ようとしているのです。


そうした事が、身体の大きな波 高潮、低潮ですが、多くは高潮に新しい仕事を始めたり、転職もそうですが

、引っ越しなどもそうです。


そうした波の時に身体は動き出してくるのですが、ですから、そうした時に人によっては


二年先、三年先の事をきちっと計画を練った方がいいのですが、いずれにしても、そうした方々の身体を観て

ますと、コロナ禍だからといった消極的なものでは決してないのです。


身体は前に進んでいるのです。そうした気持ちが、かつての復興であるとか、


日本人の潜在体力なのでしょう。いずれにしても、日本国民が、右斜め上を向き、きちっと右目で見れれば

未来は明るいものになります。


常に行動というのは、頭の知覚より先に、身体の方が先に動きだして体表面として出てくるものなのです。


秋から冬


空気が乾燥すればするほど、体内では水が必要になります。(水を飲むということ)


水が流れる、いわば、腎臓の働きです。


そして、呼吸という事で言えば、肋骨がきちっと上がっている状態ですね。


免疫力の低下というのは、肋骨の下がりです。


鼻の働きを十全にさせ、水の循環、肋骨をきちっと上げておくという事がとても大切ですね。


フランスなどは、ロックダウンだそうですが、


統計からも、ロックダウンと、そうした政策をとらなくても、あまり変わりがないと言われています。




h
                Artwork by Rakuraku Seitaiin, Allrights reserved 2011