熊本市南区富合小学校・南区役所近く







              


 当院のらくらく整体院は平成23年6月21日に熊本県熊本市南区富合町新にオープン致しました。

 当院施術の特徴と致しましては、身体の状態・体質(体の癖)・バイオリズムに合わせて施術を行います。

 骨格・脊椎・骨盤を調整し、本来の健康体へと導く療法(自己治癒力の喚起)を行っております。


 整体療法で身体を敏感(目覚め)にしていくことを主としております。(心身調整)

 体が敏感になってくると、体の健康を自分で保とうとする働きが高まり、色々な反応が身体に現れます。

 整体とは体を整えること(姿勢を正すこと)だと思っている方がほとんどだと思いますが、そうではありません。

 その人の感受性・心の癖・思考のかたよりに働きかけていくものなのです。




---


   

 

 

 

 

 

 



 最近は病気ではなく、健康でもない(未病)人達が大変多いように思われます。

 肉体的にも精神的にもストレスを抱え、心身のバランスを崩しているようです。

 健康・美容・長寿に役立つ整体を当院で是非どうぞ!

---


   ●らくらく整体院基本理念

 一、臨床整体師として、社会に貢献いたします。

 一、整体療法にて患者様の自然治癒力を引き出します。

 一、人格・技術の向上に努め、誠心・誠意を尽くします。

                                                                 



 骨格・筋肉・ホルモン等に働きかけ新陳代謝や免疫力を促進することで自然治癒力を引き出すことを目指します

 施術中、及び施術と施術の間に起こる反応・流れにおいて整体(Seitai)は大変心地よいものですが、

 症状によって経穴(ツボ)等を押したときに生じる痛み、違和感等が出る場合はあります。

 基本的に激痛は与えません(激痛はストレスを与え免疫力を著しく低下させます。)


 弛緩反応・過敏反応・排泄反応の症状

 手のひらの自然発汗

 冷感や寒気・下痢

 身体全体の発汗・高熱

 ボ〜ッとした感じがある・だるさと眠さ

 肌の表面変化

 発熱や歯痛・よだれがたくさんでる

 放屁が増える

 尿の変化、排尿が増え臭いがある

 身体の内部の震えを感じる

 大便(五色)の回数が増え、臭うことがある

 鼻・咽腔・気道よりの分泌物の増加(女性では帯下の増量)

 喉・泌尿器の痛み


 以前あった病気が短期間、好転する前に再発することがあります。

 これは良くなる時に起きる
好転反応である場合が多く、一時的なものですから心配はありません。

 別なところが痛み出したりする場合は、一番ひどいところが改善されたために、次にひどいところが

 感じられることから起きます。


 いずれにいたしましても、日常生活の動きはできるというのが特徴です。

 こういった状態は「
変化してきた」ということで施術上は喜ばしいことです。

 ちなみに悪くなる場合は、だんだんと動けなくなっていくのが特徴です。



                                                                 



●平成26年4月1日以降も、今まで通りの施術料金3,000円となります!

 
 

   毎週火曜日は整体出張を行っております。熊本市南区富合町、富合町近郊の方につきましては、
   出張費無料です。
   それ以外の地区につきましては、別途500円いただきます。(お気軽にご相談ください)







 ※らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101も富合分院と同じ施術料金となります。
 予約の方が優先となりますので、事前にお電話下さい。




     


  

    ●らくらく整体院(分院) 熊本市南区富合町新365−1 096-358-2235










    らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101
                                                                 

整体通信  4月号






陰陽五行説について






陰陽五行説と一口にいうが、本来、発生的には別々のものがふたつ合わさってできたものと考えられています

伝統医学(漢方)は、自然と人間とのかかわりを基本骨子として展開されていることが特徴的で例えば

月と太陽、水と火などの自然現象を、ふたつの対立関係としてとらえきました。

「陰陽」という概念が生じ、また、五遊星(木星・土星など)の発見と、古代人の生活必須要素である

木・火・土・金・水が一緒になり「五行説」が生まれました。これらふたつの概念が合体して「陰陽五行説」

が成立し、天文歴、政治、道徳、その他すべての物事の基礎理論に応用

この「陰陽五行説」がさらに拡大されて、医学の分野にも採用され、人と自然との関係および、人体内部の

臓腑の相互関係を明らかにし、病理、診断、予防、治療など、伝統医学(漢方)の

理論的基礎がつくられました。これを記述したのが『黄帝内経』(世界最古の医学書)なんです。



「陰陽原理というと、陽気・陰気、陽極(+)・陰極(−)、山陰・山陽など、現代の日本語の中にも、結構

とり入れられています。そして、自然界の現象であろうと、人間の身体であろうと、あまり陽に過ぎてもいけ

ないし、陰に過ぎてもいけないとされています。

昔は今のような自然科学が発達していなかったため、病気を陰陽のバランスの崩れとして捉えていました。

そして、病気を治すこと=陰陽のバランスを回復すること

陰に過ぎている場合は → 陽性の薬 陽に過ぎている場合は → 陰性の薬 等を与えて、

バランスを回復することが、漢方(伝統)医学の基本原理となっています。」



「“五行説”とは、人体、自然界のすべての事物が、木・火・土・金・水の

五つの要素の運行と変化によって成り立っているという考え方です。」



古代の人達は、木・火・土・金・水、五種類の物質が生活のなかで、なくて

はならないものと考えていました。例えば、水と火は飲食の調理のため、金と木は日常の労働のなかで必要と

し、土は万物が資生するものであるというように。当時の人達は、ある抽象的な意味(気・エネルギー)を加

えて、すべての物質・諸事万端を割りふり説明しています。同時に、これらは互いに生じあい、互いに制約し

あう関係であり、たえず変化しているととらえ、「五行」と称しました。

“五行説”では“五行の相生” “五行の相剋”ということで互いの関係を説明している。

「相生関係とは、互いの資生と助長の事であり、木生火、火生土、土生金、金生水、水生木で事物の発生と

発展がある。また、この相生関係の中で、我を生じるものは母であり、我が生じるものは子であるという考え

方があり、(例えば、火は木から生じ『母』、火から土が生じる『子』)、五行の相生関係を『母子関係』と

いいます。

相剋関係とは、互いに相助け、相反する(制約する)関係で、木剋土、土剋水、水剋火、金剋木で運行を続け

ることが出来るという説で、この“相生”“相剋”は、切ることが出来ない関係で、生がなければ発生と発展

がなく、剋がなければ正常な協力関係を続けることは出来ないのである。

当然、医学の分野でも、長期にわたって蓄積された医学体験を五つの要素に分類することにより人体の臓腑、

生理、病理、診断、治療、食物、環境状況の把握に応用してきたのである。




■五行の色体表

 

五行

五臓

肝臓

心臓

脾臓

肺臓

腎臓

五腑

胆のう

小腸

大腸

膀胱

五色 (顔色)

五きょう(五感)

五液(体液)

よだれ

鼻汁

五香(体臭)

生・油

焦げ

香ばしい

魚生くさい

腐れ

五志(感情)

怒り

喜び・笑

思憂

恐れ

五主

血脈

肌肉

皮毛

五味(味覚)

酸っぱい

苦い

甘い

辛い

塩辛い

五気(気候)

湿

五季

土用

五華

唇・筋

体毛

顔面

五変

握る

云う

しゃっくり

慄く

五声

呼ぶ・叫ぶ

もの言う

歌う

悲しみ泣く

呻る

五精

意智

精志

五病変

筋炎

眼疲労

筋肉痛

皮膚病

関節痛

五穀

きび

五蓄

五果

すもも

なつめ









h
                Artwork by Rakuraku Seitaiin, Allrights reserved 2011