熊本市南区富合小学校・南区役所近く







              


 当院のらくらく整体院は平成23年6月21日に熊本県熊本市南区富合町新にオープン致しました。

 当院施術の特徴と致しましては、身体の状態・体質(体の癖)・バイオリズムに合わせて施術を行います。

 骨格・脊椎・骨盤を調整し、本来の健康体へと導く療法(自己治癒力の喚起)を行っております。


 整体療法で身体を敏感(目覚め)にしていくことを主としております。(心身調整)

 体が敏感になってくると、体の健康を自分で保とうとする働きが高まり、色々な反応が身体に現れます。

 整体とは体を整えること(姿勢を正すこと)だと思っている方がほとんどだと思いますが、そうではありません。

 その人の感受性・心の癖・思考のかたよりに働きかけていくものなのです。




---


   

 

 

 

 

 

 



 最近は病気ではなく、健康でもない(未病)人達が大変多いように思われます。

 肉体的にも精神的にもストレスを抱え、心身のバランスを崩しているようです。

 健康・美容・長寿に役立つ整体を当院で是非どうぞ!

---


   ●らくらく整体院基本理念

 一、臨床整体師として、社会に貢献いたします。

 一、整体療法にて患者様の自然治癒力を引き出します。

 一、人格・技術の向上に努め、誠心・誠意を尽くします。

                                                                 



 骨格・筋肉・ホルモン等に働きかけ新陳代謝や免疫力を促進することで自然治癒力を引き出すことを目指します

 施術中、及び施術と施術の間に起こる反応・流れにおいて整体(Seitai)は大変心地よいものですが、

 症状によって経穴(ツボ)等を押したときに生じる痛み、違和感等が出る場合はあります。

 基本的に激痛は与えません(激痛はストレスを与え免疫力を著しく低下させます。)


 弛緩反応・過敏反応・排泄反応の症状

 手のひらの自然発汗

 冷感や寒気・下痢

 身体全体の発汗・高熱

 ボ〜ッとした感じがある・だるさと眠さ

 肌の表面変化

 発熱や歯痛・よだれがたくさんでる

 放屁が増える

 尿の変化、排尿が増え臭いがある

 身体の内部の震えを感じる

 大便(五色)の回数が増え、臭うことがある

 鼻・咽腔・気道よりの分泌物の増加(女性では帯下の増量)

 喉・泌尿器の痛み


 以前あった病気が短期間、好転する前に再発することがあります。

 これは良くなる時に起きる
好転反応である場合が多く、一時的なものですから心配はありません。

 別なところが痛み出したりする場合は、一番ひどいところが改善されたために、次にひどいところが

 感じられることから起きます。


 いずれにいたしましても、日常生活の動きはできるというのが特徴です。

 こういった状態は「
変化してきた」ということで施術上は喜ばしいことです。

 ちなみに悪くなる場合は、だんだんと動けなくなっていくのが特徴です。



                                                                 



●平成26年4月1日以降も、今まで通りの施術料金3,000円となります!

 
 

   毎週火曜日は整体出張を行っております。熊本市南区富合町、富合町近郊の方につきましては、
   出張費無料です。
   それ以外の地区につきましては、別途500円いただきます。(お気軽にご相談ください)







 ※らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101も富合分院と同じ施術料金となります。
 予約の方が優先となりますので、事前にお電話下さい。




     


  

    ●らくらく整体院(分院) 熊本市南区富合町新365−1 096-358-2235










    らくらく整体院(九品寺本院) 熊本市中央区九品寺3−11−13−101
                                                                 

整体通信  7.8月号




感染・梅雨・梅雨明けの身体について



ニュースを見てますと、今の感染者はほとんどが夜の仕事の方(ナイトクラブ・ホストクラブ・キャバクラ等)

、そして、検査が普及して陽性者が増えているようです。ですから、陽性でも発症はしていないという事です

。ですから、当初のような全然死者数は出ていません。


そうした死者数も、日本においては季節性のインフルエンザより少ないです。


ですから、今、現在、常識ある生活(三密)を送っていれば感染するという事はないのでしょう。


飲食店でもモール、病院はもちろんアルコール除菌を徹底して行っていますが、アルコール除菌というのは、

そうとう身体に負担がかかるのです。普通の手洗いで十分だと思います。又、アルコール除菌ばかりしてます

と、手の油脂を落とし過ぎてしまうので、右鎖骨の動きが悪くなってくるのです。手荒れというのは、右鎖骨

による油脂の分泌の問題です。さらに清潔にする事は良い事ですが、やり過ぎもよくはありません。



梅雨時における、湿度の影響を受けた身体 胸椎七番の可動性の問題です。


今年は、例年以上に、マスクの使用からより息苦しさを感じている方が実に多いのです。


そうした胸椎七番の可動性が悪い方の汗というのは、汗がべとついているのです。湿度の


影響が、皮膚を覆ってしまうしまう為に、余計に皮膚呼吸が制限されてしまう為に息苦しさを伴うなのです。

そうした皮膚


整体においては、皮膚というのは感覚器です。ですから、小さな子供などは車などに乗っている時に、窓を開

けて風を感じるわけです。全身で感じるというのは、いわば皮膚における身体感覚です。そして、面白いのが

、胸椎七番に弾力が出てきますと、途端に皮膚呼吸が


活発になってきますので、扇風機だとかの風が、皮膚を通してわかってくるのです。


ですから、さっぱりするというのは、皮膚における新陳代謝 この時期であれば、胸椎七番の弾力なのです。

そうした胸椎七番の弾力が、胸骨の弾力に繋がるのです。逆に言えば、


湿度における息苦しさというのは、肋骨の弾力が無くなった状態です。


整体の世界では、頚椎七番の輪郭と、外踝が揃うと梅雨明けの身体と表現します。


実際の気象庁より、身体の方が早いのです。


頚椎七番は、迷走神経に関係している為に、心臓に持病があるような方というのは、そこはどうしてもひとて

ま必要になります。さらに言えば、夏の身体というのは、心臓がきちっと収縮しますから、左目がはっきり開

いてくるのです。そうした中で、頚椎七番と、腰椎五番というのは連動されています。腰椎五番というのは、

下半身の知覚、運動神経ですが、ですから足首なのですが、夏というのは、行動範囲が拡がってこそ夏の身体

なのです。そうした腰椎五番というのは、ですから、行動要求そのものなのです。人間の身体というのは、

常に要求が先に立ちます。










h
                Artwork by Rakuraku Seitaiin, Allrights reserved 2011